【ネガティブニュースの標的が吉村知事に…】緊急事態宣言に伴うネガティブニュースについて

こんにちは、つかさです。

 

本日から大阪・兵庫・京都・東京にて緊急事態宣言が発令されました。

 

今回、発令する前から僕が思ったことがあります。

 

「みんな、手のひらを反すように大阪知事を追い込みすぎじゃね?」

昨年は大阪知事の吉村さんがやることに

「やっぱり吉村は違う!」

「行動力が本当にすごい!」

など、絶賛する声が多かったです。

 

しかし、今回の発令前ではその逆で、

「吉村は何をやっているんだ!」

「子どものことを考えろ!」

など、否定的なニュースをよく見かけます。

 

僕はこのニュースや記事を見て、

「また世間が世論に動かされている…ネガティブニュースに踊らされている」と感じました。

 

今回は、僕が日ごろから思っている「ネガティブニュース」と「その裏」についてお話ししたいと思います。

 

今回の記事を読めば、ネガティブニュースの裏ではおいしい思いをしている人がいるという現実について知ることができるかもしれません。

 

1.ニュースや記事について

今から2つの記事について書きます。

あくまで僕が考えた仮想のニュースなので、内容は気にしないでください。

 

 先日、緊急事態宣言が発令されたことによって、多くの人が外出を自粛し、都市部ではあまり人を見ることはありませんでした。みなさんが政府の意向に従い、飲食店なども経営を自粛するなど、素晴らしい一面も見られました。この調子で、外出を控えることで、これまでの生活様式が戻るのも近いかもしれません。引き続きステイホームを意識して頑張りましょう!

 

 

 先日、緊急事態宣言が発令されましたが、それでも都市部は多くの人でにぎわっていました。外出を自粛している人がいるにもかかわらず、街では歩きながら飲食する若者の姿も見られました。飲食店も時短営業に取り組んでいるところもあれば、午後8時を過ぎても店を営業しているところもありました。もとの生活様式が戻るためには、みなさんの協力が必要です。ステイホームを意識してがんばりましょう。

 

 

さて、2つの記事を読んで、どちらが良くも悪くも「感情」が動きましたか?

きっと、2つ目だと思います。

 

おそらく、1つ目の記事は「ふぅん( ´Д`)=3」と思っただけではありませんか?

 

2つ目の記事は「結局若者のせいでコロナが収まらないんじゃないか!もっと自粛しろ!」と、感情が動いたのではないでしょうか。

 

この感情の動きがあって初めて「ニュース記事」をしっかりと読み、「コメント欄で同じ気持ちの人と共感し」、「コメントを書く」など、その記事に人をとどまらせることができるのです。

 

その記事にとどまる時間が多いほど、記事中の広告が視界に入る数も多くなります。

 

そうなれば、「あ、これってほしかったやつだ」と思い、衝動買いに走るのです。

 

すると、その記事を掲載した運営会社にお金が入ると。

 

このように、ネガティブなニュースの方が人間にとって良くも悪くも「おもしろい」のです。

 

 

一番いい例は「アベノマスク」についてでした。

アベノマスクについての記事は僕も腹が立ちました笑

 

しかし、その記事によってお金を稼いでいる人がたくさんいるというのも事実です。

 

 

2.昨年と今年の吉村知事の扱い方について

それでは本題です。

 

みなさんは、昨年度なぜ吉村さんが話題になったかお判りでしょうか。

 

それは「行動力」があったからです。

多くの県知事はほかの都道府県の動きをみてから行動に移すところが多く、大阪や東京が先陣を切るような形でした。

 

その中でも、大阪知事の吉村さんは非常に行動力のある人で、結果もしっかり出していました。

 

また、東京が一番コロナウィルスの感染者が多く、去年はこのような構造でニュースが成り立っていました。

 

小池都知事を批判する→吉村知事を絶賛する→みんなが吉村知事を絶賛する

 

東京都と大阪を差別化し、世論を大きく動かしていました。

そのため、吉村さんの行動が絶賛されることが多く、東京を批判することで、ニュースが成り立っていたのです。

 

 

ところが、今回はそうではありません。

 

大阪が今日本で一番感染者が多くなりました。

吉村知事も昨年と同じく、行動力をしっかり発揮しています。

 

しかし、大阪が一番感染者が多いという理由で、世論は「大阪のやり方は間違っている」というネガティブなニュースにもっていくようになりました。

 

すると、今回の緊急事態宣言の発令では、大阪知事を陥れるような意見やコメントが多くみられるようになりました。

 

僕自身は、吉村知事は前回と同様、非常に行動力のある人だと思っています。

 

しかし、世論のせいで、吉村知事が大変な思いをしていると思っています。

 

ニュースの記事やタイトルで、「吉村知事がつかれているように見える」と書かれたりしています。

「いや、疲れさせているのはニュースや記事じゃん( ゚Д゚)」と思います。

 

だって、昨年、小池知事に対して「小池さんがつかれている」という記事が出回っていましたもん。

 

同じことを今度は吉村知事で行っているだけです。

 

そして、このニュースを上手に動かすことでお金を稼いでいる人はたくさんいることが現実です。

 

3.それでもネガティブニュースはなくならない

絶対にネガティブニュースはなくなりません。

 

僕自身も、今回の記事を書いているにもかかわらず、やはりネガティブなニュースは気になってしまいます。

 

しかし、今回まとめた記事の内容を知っている人と、そうでない人では明らかにニュースの見方は変わると思います。

 

世の中はネガティブな方向にもっていった方が、おいしい思いをできる人が多いのです。

 

もしかしたら僕が今書いているようなブログも、ネガティブな方向にした方が閲覧数も伸びて良いのかもしれませんが、

なんか、こう、プライドが許さない的な?笑

 

もしかしたら、いつかそっちの方向に走ってしまうかもしれませんが、今はまだ自分らしく、前向きな文章を書いていきたいと思っています。

 

 

まとめ

今回の緊急事態宣言の発令で思ってことをまとめます。

 

  • 僕は吉村知事は昨年と変わらず頑張っていると思います。
  • 世論が吉村知事をネガティブに取り上げ、それでお金を稼いでいる人がいる
  • それでもネガティブなニュースはなくならない
  • 僕は前向きに頑張ります笑

 

あなたが日頃見ているニュースはマイナス思考に偏ったネガティブニュースではありませんか?

あなたの感情が動かされることで、経済が回っていることも事実です。

今後、あなたが日ごろから読むニュースの質や内容をどのようにとらえるかは、あなた次第です。

僕の名前は「つかさ」です。

義務教育から就職活動にかかわる人すべての支えになれるような記事を投稿しています。

極端な意見もあったりしますが、「ふぅん、そんな考え方もあるんだぁ」くらいで受け取ってくれたらうれしいです。

Twitterだけやってます。

もし悩みがあれば、ぜひご相談ください。

【学生のみかた ブログつかさ屋】

https://twitter.com/sWTtPzb4J3p7Lni

 

おすすめの記事一覧

【コツコツ何かを続けるなんてできないよぉ】誰でも継続的に物事に取り組めるコツを解説!

「下着は白」というブラック校則ができた背景と社会が見直すべき校則について

自分の子どもがYouTuberになりたいと言い始めた時に親がもっておくべき考え方

「いじめ」に関して社会が見直すべきこと【前編】

「いじめ」について社会が見直すべきこと【後編】

 

大学生におすすめの記事

「私宇宙人と友達になりたいんです!」イタすぎる大学デビューをしないために気を付けること

自分の「強み」「長所」を見つけられない就活生が心がけること、考えること

大学生のうちに経験しておくといいアルバイトの業種5選

 

 

高校生におすすめの記事

【平日編】受験勉強のスケジュールが立てられない人はまずこれをやってみなさい

【休日編】受験勉強のスケジュールが立てられない人はまずこれをやってみなさい

勉強は「時間」ではなく,「ノルマ」で立てるべき理由

 

中学生におすすめの記事

~「もっと真剣に部活に来てほしい」~部活動で起こる「温度差」問題の原因と自己解決方法

4月から中学2年生,高校2年生になる人たちが心掛けておくといいこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA