【アラミスラボの口コミ有】20代におすすめするスキンケア商品と基本知識を徹底解説

こんにちは、つかさです。

 

男性のみなさん(女性のみなさんも)、正しいスキンケアの手順をご存じですか?

「スキンケアなんてめんどくさい( ゚Д゚)」

「風呂で洗顔して終わりだー(・∀・)」

「化粧水?乳液?日焼け止めって夏専用じゃないの(=゚ω゚)」

年齢に対して、若々しい肌をしている人は「自信」に満ち溢れています。

その自信がたくさんの成功につながることも少なくありません。

僕は高校生の頃から手探りしながらも、スキンケアを怠らずにしてきました。

現在、20代後半ですが、同年代の人たちに比べて肌質は良い方だと思っています。

 

今回の記事は、初めてスキンケアをする初心者の方がスキンケアの基礎基本について学ぶことができます。

また、後半では僕のおすすめするスキンケアの商品をご紹介したいと思います。

もちろん、今日からでもできます。

彼女や彼氏、仕事の同僚、後輩、上司から「きれいな肌してるね~」と言ってもらえるような自分を目指しましょう!

はじめに

「パパ、授業参観のときなんかおじさんに見えた…」

「ママ、ほっぺたになんか黒いゴミ(シミのこと)ついてるよー」

子どもは無邪気に、悪意なく、心えぐることを平気で言ってきます笑

子どもにこのようなことを言われたくないという方は、スキンケアをしっかり勉強して、実践するといいでしょう。

 

本記事の結論はこちらです。

✅スキンケアは「肌を若返らせる」のではなく、「老いを遅らせる」と認識すること

✅スキンケアは正しい順番で行うこと

✅冬は気温が低くても、太陽から紫外線はしっかりと降り注いでいるので、日焼け止めはちゃんと塗ること

✅スキンケアは「毎日」「継続」して初めて「未来の自分」に効果が表れる

順番に解説していきたいと思います。

スキンケアとは

「そもそも、スキンケアって何?」ということから始めたいと思います。

スキンケアとは、肌についている汚れやほこりだけでなく、代謝によってできてしまった「余分な角質」などを洗い流し、「肌を保護する」ことです。

肌は常に空気中に浮遊しているほこりや車の排気ガス、黄砂など、目に見えない汚れに触れてしまっています。

それらが肌についているかどうかは目で見ることができませんが、確実に肌に付着してしまいます。

そして、肌に付着したままにしておくと、肌荒れの原因になります。

 

また、肌は常に「新陳代謝」をしています。

肌の表面に見える皮膚の下では、常に新しい皮膚をつくり続けています。

肌の表面に古い皮膚がずっとあることで、上手く代謝することができなくなります。

これらの汚れや古い皮膚をしっかり洗い流し、その後コスメで肌を保護したり、新しい皮膚をつくることを助けたり、保護したりすることがスキンケアです。

Point

  • 肌は常に空気中の汚れにふれていたり、新しい皮膚をつくったりしている
  • 肌の状態をととのえ、化粧水や乳液などを使って肌の代謝を高めたり、保護したりすることをスキンケアという

「かつて、人類は化粧水や乳液なんてなくても生きてきたんだよ( ゚Д゚)」

「スキンケアしなくても、肌はがんばってます(・∀・)」

という意見もあるかもしれません。

そこで、僕が体験してきたことも踏まえて、スキンケアをすることでどのようなメリットがあるのかについてお話したいと思います。

スキンケアのメリット

スキンケアをすることによって得られるメリットは次の3つです。

肌の老化を遅らせることができる

大事なことなので一番最初に伝えます。

スキンケアをしても必ず老化はします。

しかし、スキンケアをすることで、確実に肌の老化を遅らせることができます。

そもそも肌の老化とは、肌の水分量が減り、ハリとツヤがなくなることで小さなしわなどが増えていくことで、全体的に「老けたなぁ( ゚Д゚)」となることです。

10代は肌が代謝する能力が高く、水分量が高いまま維持されるので、しわができることはなかなかありません。

しかし、20代に差し掛かると、肌の代謝する能力は少しずつ低下し、水分量がどんどん少なくなっていきます。

そのため、何もしない状態だと水分量が比較的に少ない目元や口元に少しずつ「小じわ」ができるようになります。

 

スキンケアをすることで、肌の水分量を一定に保つことができます。

スキンケアを正しく行うことで肌の水分量が一定に保たれ、何もせずにいる人と比べて、老化を遅らせることができます。

ただし、冒頭でもお話ししましたが「老化を防ぐ」のではなく、「老化を遅らせる」という認識をもつことが大切です。

必ず「老化」はやってきます。

しかし、老化を遅らせることで、年齢に対して若く見られるということは間違いないと思います。

Point

  • スキンケアをすることで肌の水分量を保ち、老化を遅らせることができる

ニキビやひげ剃り痕などの肌トラブルがなくなる

スキンケアをすることで、肌の新陳代謝する能力が高まり、肌質を改善することができます。

10代の思春期ニキビの原因は、成長ホルモンのバランスが崩れたり、若さゆえの皮脂が過剰分泌したりすることが多いです。

しかし、大人の場合は睡眠不足、ストレスなど、10代の頃とはちがった原因でニキビができます。

スキンケアをしっかり行うことで肌が清潔に保たれたり、肌の代謝する能力が高まったりして、肌トラブルが改善されます。

 

特に、男性の場合はひげを毎日剃る習慣があると思います。

「ひげを剃る」という行為は肌にものすごい負荷を与えています。

肌の表面にある古い皮膚と一緒に、その内側のきれいな皮膚を傷つけてしまうことがあります。

肌の表面が削られた状態のまま肌を放置すると、肌からどんどん水分が放出されてしまい、老化が早まってしまいます。

また、傷ついてしまった皮膚を保護しないと、そのまま痕になってしまうこともあります。

ひげ剃り後に正しくスキンケアをすれば、傷ついた肌の回復力を高めたり、肌の表面を保護することができます。

Point

  • スキンケアをすることで、ニキビを出来にくくしたり、ひげ剃りによる肌トラブルを改善したりすることができる

自分に自信をもつことができる

同年代に比べて、若々しく見られたり、感じられたりすることは、自分の自信につなげることができます。

 

僕は高校生の頃からスキンケアを継続してきました。

(ただし、そのころはスキンケアの正しいやり方を知らなかったので、めちゃくちゃなやり方をしていました笑)

今は20代後半ですが、周りの同年代の人たちと比べて自信のある肌をもっています。

 

先日、コロナ禍ではありますが、久しぶりに大学時代の友人たちと会った時、

「ん?こいつなんか老けた( ゚Д゚)?」

と感じた人が何人もいました。

(もちろん、向こうも僕のことをそう思ったかもしれませんけど…)

それでも、友人を見て

「目元めっちゃ小じわふえてるやん…(・∀・)」

と思いました。

僕はまだ小じわは1つもありません。

なんか、そういったことだけでも「やっぱりスキンケア続けてきてよかったなぁ(=゚ω゚)」と思います。

僕の「若々しい肌を保つためにがんばっている」という努力が自信につながっています。

だからどこにいっても堂々としていられるし、がんばることができます。

Point

  • 僕の体験談ではありますが、スキンケアをすることで自分に自信をもつことができる

スキンケアのメリットを理解したところで、続いてはスキンケアの方法に移りたいと思います。

その前に、スキンケアは「朝」と「夜」でやることが変わります。

まずは、その理由についてお話しようと思います。

スキンケアは朝夜で変える

僕は「朝」と「夜」でスキンケアに使うコスメを変えています。

それは朝と夜で意識することが違うからです。

それぞれ使うものが違う理由について解説していきます。

朝は日中の活動時に肌を守ることを優先する

僕は朝ごはんを食べ終わり、歯を磨いてから洗顔をします。

日中の活動中、肌の水分量を維持するために化粧水、乳液を塗りますが、朝は必ず「日焼け止め」も塗ります。

冬でも日焼け止めです。

春夏秋冬、忘れず日焼け止めです。

 

紫外線は肌の表面を通り抜け、肌がつくられている層に悪い影響を与えてしまいます。

この影響を受けないように、肌表面を黒くして紫外線を吸収しようとするはたらきによって肌の日焼けが起こります。

日焼けをすると、メラニン色素が生成されます。

その色素は肌の代謝によって落ちることもあれば、そのまま残り続けてしまう場合があります。

これがシミの原因になったり、急にホクロとして現れてしまったりするのです。

そのため、朝は紫外線から肌を守るために、1年を通して必ず日焼け止めを塗ります。

紫外線は「夏に強い」というイメージがありますが、冬でも紫外線は降り注ぎます。

その紫外線から肌を守るために、日焼け止めは欠かせません。

基本的に日焼け止めは朝塗っていますが、夏は昼過ぎに日焼け止めを塗りなおします。

なぜなら、夏は汗をかきやすく、日焼け止めが落ちやすいからです。

(たまに飲むタイプの日焼け止めを服用することがあります)

Point

  • 1年を通して肌の天敵「紫外線」は降り注いでいるので、シミやホクロができないように日焼け止めを朝必ず塗る

夜は美容効果を高め、肌質を改善することを優先する

夜は風呂上がりにスキンケアをします。

夜のスキンケアは就寝時に肌がしっかり代謝してくれるように、美容効果を意識したコスメを使用します。

いわゆる、「美容液」です。

美容液はたくさんの効果があります。

・アンチエイジング(老化防止)

・ニキビや吹き出物ができないようにする(肌トラブル対策)

・肌の弾力や保湿性を高める

・美白効果

これらをすべて詰め込んだような商品もあれば、1つの効果に特化したものなど、数を挙げると切りがありません。

僕としては、「今の自分が肌に対して何が一番大切なのか」をしっかり考え、それに合った美容液を使用することが大事だと思います。

僕は「アンチエイジング」タイプの人間なので、その効果が含まれる美容液を使用します。

(僕がおすすめするコスメなどは後程紹介します)

就寝時は肌の代謝が高まっています。

そのときに、肌にとって必要な栄養素があると、より一層きれいな肌になることができます。

Point

  • 夜のスキンケアは美容液などを使い、肌質を改善するようなスキンケアを心がける

それでは、スキンケアの正しい順番についてお話しようと思います。

スキンケアの手順

スキンケアには正しい順番があり、それには理由もあります。

結論だけ先に述べると、スキンケアの順番は次の通りです。

なぜこのような順番になるのかを解説します。

洗顔

「スキンケアなんてよくわかんないけど、洗顔は毎日やるよ(・∀・)」

という人は多いと思います。

洗顔は「顔の表面に付着している汚れや古い角質、余分な皮脂を落とす」ために行います。

僕は朝夜の両方とも洗顔をします。

人によっては「朝は洗顔しない方がいいです、水で10回顔を洗ってください(=゚ω゚)」という方もいます。

僕は寝ている間にも顔にほこり(特に布団や枕など)は付くし、就寝時にできた余分な皮脂などを落としたいという理由で、朝も洗顔することをおすすめします。

洗顔をすると、古い角質や余分な皮脂が落ちます。

ただし、これらが落ちたことによって、顔全体の水分は放出し放題になってしまっています。

いわゆる、「水分が抜けないようにするための蓋」がなくなった状態です。

汚れを落とすために洗顔は必要不可欠です。

しかし、洗顔をしたまま放置もダメです。

洗顔後はコスメなどを利用して、肌に水分を補給したり、水分が放出しないようにしたりしなければいけません。

洗顔についてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

化粧水

化粧水は肌に潤いを与えるものです。

洗顔をすると、肌の水分はどんどん放出されてしまいます。

そのため、なるべく洗顔後はすぐに化粧水をつけた方がいいです。

 

「塗りこむ」のではなく、目の周りを避けて両手で顔にやさしく「押し込む」ようにして化粧水を付けます。

よく「化粧水しか塗らないよ(=゚ω゚)ノ」という方がいますが、化粧水はあくまでも「水分」であり、そのままにしておけば顔から蒸発してしまいます。

先ほど、洗顔のときにも述べた通り、「蓋」をしないと、せっかくの化粧水が肌になじむ前にいなくなってしまいます。

そのために、最後に油分の多い「乳液」を使用します。

朝は化粧水からの乳液ですが、夜は乳液で蓋をする前に美容液をなじませます。

美容液

美容液は「肌質を理想のものにするため」に使用します。

美容液は必ず化粧水を塗った後に使います。

化粧水で水分をたっぷり含んだ肌に美容液をなじませることで、水分を伝って肌の奥まで効果が浸透するからです。

美容液は種類にもよりますが、「水分が少ない」ものもあります。

顔の水分量が少ないと、上手く効果が発揮できないものもあるので、必ず化粧水を塗った後に美容液を付けましょう。

 

また、先ほども話しましたが、美容液は様々な種類があります。

  • アンチエイジング(老化防止)
  • ニキビや吹き出物ができないようにする(肌トラブル対策)
  • 肌の保湿性を高める
  • 美白効果

これらをすべて詰め込んだような商品もあれば、1つの効果に特化したものなど、数を挙げるときりがありません。

僕としては、「今の自分が肌に対して何が一番大切なのか」をしっかり考え、それに合った美容液を使用することが大事だと思います。

僕は「アンチエイジング」タイプの人間なので、その効果が含まれる美容液を使用します。

(僕がおすすめするコスメなどは後程紹介します)

 

「この効果も欲しい( ゚Д゚)」

「これも欲しい( ゚Д゚)」

と思って、何種類も塗りこむのはあまりおすすめしません。

肌に負担がかかってしまうからです。

最低でも2種類を組み合わせる程度にしておきましょう。

顔に化粧水・美容液を塗ったら、あとはこれらが肌から蒸発しないように、油分の多い乳液で蓋をしましょう。

乳液

乳液は油分を多く含みます。

油分は水分に比べて蒸発しにくく、乳液を塗ることで、これまでに塗った化粧水や美容液が毛穴から蒸発しないようにしてくれます。

洗顔をした後に乳液を付けないのは肌に負担をかけます。

「肌の油分洗い流されちゃった( ゚Д゚)たくさん皮脂を分泌しなきゃ( ゚Д゚)」

と思って、どんどん皮脂をつくり始めます。

 

「あ、つくりすぎちゃった( ゚Д゚)アクネ菌めっちゃ増える( ゚Д゚)」

結果として、ニキビができやすくなったり、肌荒れの原因になったりします。

化粧水や美容液の効果を十分に高めるために乳液は必ず塗ります。

日焼け止め

先ほども紹介した通り、日焼け止めは1年を通して塗ることをおすすめします。

そして、日焼け止めを塗るのは一番最後です。

 

乳液までは「肌の保湿を保ったり、肌質を改善したりするため」に塗っていましたが、日焼け止めは「肌を守る」ために塗ります。

乳液まで塗った肌を、その上から日焼け止めで守ります。

 

「日焼け止めってべたべたするからなんか嫌なんだよね~(・∀・)」と思う人もいるかもしれませんが、それは夏用の日焼け止めの特徴です。

夏に販売される日焼け止めの多くは、汗に流されないために粘性の強いものが多いです。

しかし、夏以外は汗をかくことも少ないため、それほどべたべたしたものはありません。

乳液と塗った感じがそれほど変わらない日焼け止めも売っています。

Point

  • スキンケアそれぞれのコスメの効果を最大限発揮するために正しい順序で行うこと

スキンケアの順序を解説しました。

いよいよ、「じゃあ今日からがんばる(・∀・)何買えばいいの(・∀・)?」という方に向けて僕がおすすめするコスメを紹介したいと思います。

初心者におすすめのコスメ

まず、初心者の方にお伝えしたいのが、「まずは手ごろな価格のものを半年以上使ってください( ゚Д゚)」です。

最初から高価なものにしてしまうと、後戻りができなくなるからです。

だって、最初から高価なものを使って、次新しい種類のコスメを買うときに、前使っていたやつより安いものを買うって、なんか嫌じゃないですか?笑

経験者は語る

コスメは高いものから安いものまで、膨大な種類のものがあります。

その中でも、僕が愛用する「アラミスラボシリーズ(男性用コスメ)」と、過去に愛用していた「無印良品」を紹介したいと思います。(あ、洗顔は全く別のメーカーです)

アラミスラボシリーズは男性の肌に特化したコスメを専門として扱うメーカーです。

僕は3年ほどこのシリーズのコスメを利用しています。

ただし、お値段は高めで…

でも、アラミスラボシリーズを使用することで、僕が求めている「若々しい肌」は確実に手に入ります。

 

それから、もう1つは無印良品のコスメです。

無印良品のコスメは良心的な値段であり、コスパが良いです。

また、余計な化学物質が入っていないので、いわゆる「無駄なものを含んでいない」というのが無印良品の特徴です。

 

ただし、コスメと肌の相性は人それぞれで(特に洗顔料)、僕と相性が良くても、みなさんとは相性が合わないものあることを承知でこの記事を読んでください。

また、僕の体験も交えてお話ししますが、あくまで僕の体験記録です。

最終的には自分に一番合ったものと出会えるといいですね!

洗顔料

いろいろな洗顔を試してきました。

アラミスラボシリーズの洗顔、無印良品の洗顔、NIVEAの洗顔…

 

僕が数多くの種類の中で、最終的に落ち着いた洗顔料は「いつかの石鹸」です。

もう、朝も夜もこれで顔洗ってます。

 

「いつかの石鹸」は肌に優しい石鹸タイプの洗顔料なので、顔の皮脂を落としすぎることもないし、マイルドに顔を洗うことができます。

僕はどちらかと言えば「オイリー肌」ですが、ちょっと強めの洗顔料を使って皮脂をガッツリ落とすと、皮脂が過剰量分泌して、肌荒れしやすいです。

 

いろいろ試しましたが、いつかの石鹸が一番僕の肌と相性がよかったですね。

値段もそれほど高価なものではないし、1個を消費するのにおよそ1ヵ月半くらいです。(朝夜毎日使用)

洗顔ネットで手のひらいっぱいの泡になるくらい泡立てて、泡で顔を優しく包み込むように使用します。

「どんな洗顔料がいいの~?」という友人にも「間違いなくコレだよ!」とおすすめした商品です。

その友人は今もいつかの石鹸を使ってくれています。

化粧水

アラミスラボシリーズは「デイリーウォーターローション」、無印良品は「化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ」です。

 

デイリーウォーターローションは肌に付けると心地の良い香りがします。

適量を手のひらに取り、両手で優しく顔を包むと、肌が化粧水をしっかり吸収してくれます。

肌にツッパリ感もなく、愛用し続けています。

1本使い切るのに1ヵ月半から2カ月くらいかかります。

少し前に、これよりも少し高級な「LSシリーズ」も使ったことがありますが、僕にはなんか合いませんでした。

それに、値段も高すぎて手が出にくいですね…

シンプルで、肌にしっかりと水分を与えてくれるという点で、「デイリーウォーターローション」はかなり優秀です。

もう1つおすすめする無印良品の「化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ」は僕がアラミスラボシリーズに切り替える前に使っていた商品です。

切り替えた理由は「男前になるために、1つランクを上げるか…」です笑

特に理由がなければ、間違いなく使い続けていた商品です。

この化粧水の使い心地はデイリーウォーターローションと同じですが、香りはあまりしません。

「肌に水分を与える」という点だけで考えれば、十分な効果を発揮してくれます。

400mL・1200円ほどで、使い切るのに3か月ほどかかります。

値段・高価ともに良心的で、非常にコスパの良い化粧水です。

 

僕は敏感肌用を使用していましたが、お金をもう少しかけてもいい人は、エイジングケア用の化粧水もあります。

「無印良品の化粧水」と言っても、さまざまな商品があります。

自分の理想に近づくための化粧水を見つけてみましょう。

美容液

アラミスラボシリーズは「デイリーリペアセラム」、無印良品は「エイジングケア美容液」です。

 

どちらもアンチエイジングを意識した美容液です。

そもそも、僕がスキンケアをがんばる理由は「同年代よりも若く見られたい」からです。

そのため、「美白」や「ニキビ」よりは、エイジングケアに特化した美容液をおすすめしています。

 

現在、2年ほどアラミスラボのデイリーリペアセラムを使用しています。

肌になじみやすく、心地いい香りがします。

これを使い続けているから、今の僕は若々しい肌を保っていると信じています。



先ほども述べましたが、美容液には数多くの種類があります。

自分が理想とする効果をもつコスメを探すのも、また楽しいことですね。

乳液

アラミスラボシリーズは「デイリー ハイドレイティング エマルジョン(旧名:ウオーター エマルジョン RE)」、無印良品は「乳液・敏感肌用・高保湿タイプ」です。

 

現在はデイリー ハイドレイティング エマルジョンを使用しています。

去年の10月ごろに名前が変わり、成分も少し変わりましたが、特に問題もなく使うことができています。

デイリー ハイドレイティング エマルジョンは乳液ですが、付けた後は乳液独特のべたつき感はなく、さっぱりしています。



個人的には乳液は塗った後にべたべたするのは好きではないので、少しさっぱりとした感じのものが好みです。

そのため、無印良品には「しっとりタイプ」の乳液もありますが、僕は余り好みではありません。

 

冬は乾燥しやすいので、乳液ではなく、より油分性の高い「保湿クリーム」を使ってみるのもいいかもしれません。

僕はクリームタイプはべたべたするので、使いませんが…

日焼け止め

僕は日焼け止めについてはちょっと特殊なものを使っています。

「ゴリラクリニック」という美容クリニックがつくっている日焼け止めを使用しています。

僕はゴリラクリニックでシミ治療などをしていたので、ゴリラクリニックのコスメもたまに使用しています。

シミ治療について詳しく知りたい方はこちらの記事へ

【シミ・そばかすを消したい!】レーザー治療できれいな肌になれた僕の治療体験記録

 

男性の肌に特化したコスメなので非常におすすめですが、これらはゴリラクリニック専用のホームページからしか基本的に買えません。(メルカリやヤフオクにはあります)

ゴリラコスメティックについてはこちらを参照してください→ゴリラコスメティック

 

ゴリラコスメの日焼け止めは夏に使うような日焼け止めとはちがい、肌になじみやすく、べたつきも特にありません。

非常に使いやすいものです。

ただ、一般的な日焼け止めに比べると高価なものなので、あとはお財布と相談ですね。

スキンケアは「継続」が命

「さぁ、今日からスキンケアがんばるぞ(=゚ω゚)ノ」

と思っていただけたら嬉しいです。

しかし、1週間もすれば「朝のクソ忙しいときに化粧水とか乳液なんて塗ってられるか( ゚Д゚)」みたいになってしまうのではないかと心配しています笑

スキンケアは高いものを使えばいいというわけではありません。

安いものではだめということでもありません。

一番大切なのは「毎日」「継続」することです。

 

僕はどれだけめんどくさくても、朝と夜にじっくりスキンケアをする時間を確保しています。

といっても、化粧水から乳液を塗るまで5分もかかりません。

コスメを使用することを「習慣」にしてしまいましょう。

歯磨きをすることと同じように、毎日決まったリズムで、同じ場所で使って、継続しましょう。

スキンケアをするようになってすぐに効果が出るわけではありません。

若返ることもありません。

老化にはかないません。

しかし、スキンケアを毎日継続することで、「未来の自分」に確実に効果が表れます。

そして、それに気づくのは久々に友人や家族に会ったとき、ふとした瞬間に鏡を見たときなど、いつになるかわかりません。

でも、勉強やスポーツとは違って、スキンケアは毎日継続することで、必ず報われる時がやってきます。

 

それを信じて、毎日継続することを心がけましょう。

Point

  • スキンケアは初めてすぐ効果が表れるものではないが、未来の自分に確実に効果をもたらしてくれる

まとめ

  • スキンケアは「肌を若返らせる」のではなく、「老いを遅らせる」と意識すること
  • スキンケアは手順を守って行うこと
  • 冬は気温が低くても、太陽から紫外線はしっかりと降り注いでいるので、日焼け止めはちゃんと塗ること
  • スキンケアは「毎日」「継続」して初めて「未来の自分」に効果が表れる

さいごに

【高価なものにしてしまうと…】

コスメは一度高いものに手を出してしまうと、なかなか値段が低いものに切り替えることはできません。

 

たとえば、本記事でも紹介した「アラミスラボシリーズ」は男性向けのコスメとしては割と高価なものばかりです。

化粧水だけで3000円以上かかります。

(最高ランクの化粧水なんて、10000円超えますからね)

一度そのような化粧水を買ってしまうと、無印の化粧水(1000円程度)に戻りにくくなってしまいます。

無印の化粧水も、本記事で紹介した通り、かなり優秀な化粧水です。

 

しかし、心のどこかで「高価なものほど、良い効果をもたらすだろう…」という邪念が出てしまうのも事実です。

もし、経済的に苦しくなって、今まで使っていたコスメからランクを下げるようなことになった場合、

「あぁ~、アラミスラボシリーズなんて、もう無理だぁ…俺これから安いコスメ使って老けていくんだぁ…」となり、

自信を無くしていくかもしれません。

僕もいつか、こんなことを思ってしまう日が来るかもしれません。

 

でも、僕は先ほどもお話した通り、スキンケアを続ける努力だけはきっと怠ることはありません。

コスメが安価なものになっても、きっと続けると思います。

そのときになって、「あ、安価なものでもしっかりスキンケアを継続すれば若々しい肌を保つことができるじゃん(・∀・)」と気づくのかもしれません。

 

何度でも言います。

大切なのは、スキンケアを「毎日」「朝夜」「継続」することです。

 

この記事がおもしろいと思った方は友人やTwitterなどで紹介してもらえると嬉しいです!

ぜひ、気になる点や質問などがありましたら、Twitterなどを通じてご連絡ください!

僕の名前は「つかさ」です。

大学受験、就職活動、アルバイトの面接でさえ、第一希望を獲得したことがない人生を送ってきました。

しかし、僕にはどんな道に進んでも自力で学び、楽しめる才能をもっているって最近気づきました。

モテるために筋トレもします。知識豊かになるために読書もします。

投資もしてます。

そして、人に何か思いを伝えられる人間になりたくて、このブログを立ち上げました!

Twitterだけやってます。

もし悩みがあれば、ぜひご相談ください。

【ブログつかさ屋】

https://twitter.com/sWTtPzb4J3p7Lni

【ブログ村のランキングにも参加しています!】

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA