【一家に一台浄水器】水分補給を「お茶」から「お水」に変えるだけで体に起こるメリットとは

こんにちは、つかさです。

みなさんは普段、のどが渇いたときに何を飲んでいますか?

  • お茶(=゚ω゚)ノ
  • コンビニでジュース買ってきます(・∀・)
  • コーヒーをよく飲みます

きっと大半の人が「お茶」と答えるのかもしれません。

しかし、実は人間の体のことを考えると、のどが渇いたときに飲むと良い飲み物は「水」なんです!

今回は次の4点について解説します。

今回の記事で解説すること

✅僕がお茶をあまり飲まない理由3選

✅水を飲むことで起こる体の変化3選

✅1日あたりに飲むべき水の量

✅我が家で大活躍の浄水器「トレビーノ」とは

今回の記事を読めば、日頃に飲む飲み物を「水」にしたくなるかもしれません。

また、自宅に浄水器がない家庭のみなさんが浄水器の便利さに気づいていただけると嬉しいです。

ぜひ、最後までご覧ください。

僕がお茶をあまり飲まない理由3選

多くの家庭が普段飲む飲み物として「お茶」を採用していると思います。

しかし、僕はお茶は「嗜好品」として飲むことは構わないのですが、日頃の水分補給としてお茶を飲むことはあまり望ましくないと考えてします。

その理由は次の3つです。

カフェインを含んでいるから

お茶に限らず、コーヒーもそうですが「カフェイン」を含む飲み物は水分補給として望ましくありません。

カフェインには「利尿作用」があります。

つまり、水分補給としてお茶を飲んでも、お茶に含まれているカフェインの効果で、摂取した水分を排出するはたらきが強まってしまうのです。

そして、再びのどが渇くという、悪循環に陥ります。

「え?日頃からお茶を飲んでも、そんなトイレが近くなることを意識したことなんてないよ(・ω・)?」という方もいるかもしれません。

逆に、僕は日ごろの水分補給を「水」に変えたら、トイレに行く回数が結構減った気がします。

それは、カフェインによる利尿作用がなくなったからです。

ただし、僕は1日のうちにコーヒーを2~3杯飲みます。

僕の場合、「カフェイン摂取」を目的としているのか、「水分補給」を目的としているのかを意識して飲み物を選んでいます。

歯に茶渋が付くから

お茶は透明の液体に見えますが、色がついているため、僕たち人間の目では見ることができないほど小さな粒が液体には存在します。

お茶が残ったコップを放置しておくと、コップの底に茶色の物質が残ることがあります。

その中に含まれるのが「茶渋」です。

茶渋は歯に付着して、歯全体が黄ばんで見えるようになることがあります。

1回飲んだだけではほとんどわかりません。

しかし、それが数年・数十年続くことによって、ちょっとずつ歯に付着した茶渋が目に見えてくるようになります。

コーヒーも同様に、着色料が歯に付着して、歯と歯のすき間が黒くなったりすることがあります。

コーヒーによる着色や茶渋などが歯につくと、なかなか自分では処理できない場合があります。

過去にコーヒーが原因で歯が黄ばんだり、黒くなったりすることを防ぐ方法を解説しています。

また、歯に付着した着色を乗り除くためにリステリンを上手く活用する方法をまとめていますので、ぜひ、参考にしてみてください。

【コーヒーは歯が黄ばむ?】コーヒーを飲んでも歯が黒くならないためにできる3つのこと

【虫歯・歯周病予防】リステリンのメリット・デメリット&改善策の解説と僕の使い方

「お茶を沸かす」手間が省けるから

お茶はペットボトルなどで購入しない限り、沸かさないといけません。

人によっては「別にお茶沸かすことなんてどうでもよくね(・ω・)?」と思うかもしれませんが、僕はこの手間が省けるのであれば、それに越したことはないと思っています。

家族の人数が多かったり、夏場はみんながたくさん飲んだりする場合、1日に2回ほどお茶を沸かさなければなりません。

…非常にめんどくさくないですか?笑

僕はその時間すら惜しいので、お茶から卒業しました笑

Point

【僕がお茶をあまり飲まない理由とは】

  • お茶に含まれるカフェインは利尿作用をもっているので、水分補給として適さない。
  • お茶に含まれる茶渋が何年も歯に付着し続けると、歯が黄ばんで見えるようになる。
  • 家庭によっては1日に1回以上お茶を沸かすが、その時間がめんどくさい。

最初に解説しましたが、僕はあくまでお茶を否定しているわけではありません。

コーヒーと同じで、目的があって飲むのは良いと思っています。

あくまで、「日頃の水分補給をお茶にするのはあまりおすすめしていない」ことを解説しました。

水を飲むことで起こる体の変化3選

日頃の水分補給をお茶から水に変えると、体にとって良い変化が表れ始めます。

数多くの変化がありますが、その中でも次の3点について解説しようと思います。

体の細胞が活発にはたらく

体の細胞は常にはたらき続けています。

細胞が活発に働くための必要最低限の条件は「」と「酸素」と「栄養」です。

先ほども解説した通り、お茶には「カフェイン」という利尿作用をもつ物質が含まれているので、お茶を飲むと体から水分が放出されます。

そのため、細胞の活動で必要不可欠な「水」を十分に確保できなくなり、細胞が十分に機能できなくなります。

しかし、飲み物を純粋な「水」に変えることで、利尿作用がなくなり、体内に十分な水を確保することができるようになります。

すると、細胞内が十分な水で満たされ、どんどん細胞が活動できるようになります。

体調が良くなる

細胞が十分に活動できるようになることで、体調が良くなります。

僕の経験上もそうだし、よく言われることですが「1時間おきにコップ1杯の水を飲む」ことを毎日しているだけで、風邪をひきにくい体になると言われています。

実際に、僕はお茶から水に変えてからほとんど風邪をひいていません。

ただ、僕は風邪をひきにくくなる「グルタミン」というサプリメントを摂っているので、その影響もあるかもしれません。

でも、お茶から水に変えるだけで、体の調子が整うのは間違いではありません。

また、グルタミンについて興味がある方はこちらの記事へどうぞ。

【グルタミンは風邪予防に効果あり】筋トレをしない人もグルタミンを飲んだ方が良い理由とは

肌がきれいになる

細胞の活動が活発になったことで影響を受けるのは体調だけではありません。

肌の調子もよくなります。

肌の調子がよくなるためには、肌をつくる細胞が十分な水で満たされる必要があります。

肌をつくる細胞が十分な水で満たされることで、新しい肌がどんどん作られます。

その結果、新しく健康な肌がしっかり作られるので、肌の調子が良くなります。

ニキビや吹き出物もできなくなると言われていて、多くの人がそれを実感しているみたいです。

でも、僕は肌荒れしやすいので、ニキビだけは共感できないんですけどね…笑

Point

【水を飲むことで起こる体の変化とは】

  • 水には利尿作用がないので、体内の細胞を十分な水で満たすことができ、細胞が活発に活動できるようになる。
  • 細胞が活発にはたらくことができるようになったことで、体の調子が整ったり、肌がきれいになったりする。

この他にも、血流が良くなったり、ハゲにくくなったりするなど、水に変えるだけで体に良いことが起こります。

ダイエットにも効果があると言われていて、水を飲まない理由が見つかりません…!

1日あたりに飲むべき水の量

お茶を水に変えるだけでも十分な効果が期待できますが、さらに効果を高めるための目安量について解説します。

水は1日で約2L飲むといいと言われています。

みなさんは日ごろお茶だけでどれだけの量を飲んでいますか?

僕は結構水分を取るタイプなので、1日に2L以上は確実に飲んでいます。

この中にはコーヒーなどは含んでいません。

水だけで2L以上飲むといいです。

先ほども解説した通り、1時間おきにコップ1杯の水(約200mL)を飲んだとしても、10時間で約2Lです。

だから、2L程度なら意外と簡単に飲めるのではないでしょうか。

しかも、水は安心の0kcalです。

何杯飲んでも太りません。

我が家で大活躍の浄水器「トレビーノ」とは

2Lの水をペットボトルで買ってもいいのですが、それではかなりの金額がかかってしまいます。

かといって、水道水をガンガン飲むことは、体にとってもあまりよろしくありません。

水道水には消毒目的で塩素などを含んでいて、多量摂取はよくありません。

そこでおすすめするものが「浄水器」です。

浄水器の中でも「トレビーノ」というメーカーをおすすめしています。

トレビーノとは

トレビーノとは、「東レ株式会社」が開発している浄水器です。

非常にさまざまな浄水器を販売しています。

  • 蛇口直結型(蛇口に直接取り付けるタイプの浄水器)
  • ポット型(水道水をろ過してポットにため込むタイプの浄水器)
  • アンダーシンク型(シンクの下に浄水器を設置するタイプ)

家庭や用途に合わせて、豊富な種類が販売されています。

詳しくはこちらをご覧ください。→(トレビーノ® | TORAY

この中でも、うちが日ごろお世話になっているのは「ポット型」の「PT304SV」という高除去タイプのものです。

PT304SVを選んだ理由&我が家の使い方

「ポット型」の「PT304SV」とは、こちらの商品です。

我が家がこのタイプを選んだ理由は次の3つです。

  • 冷蔵庫のドアポケットに収まるから
  • 2L入るから
  • デザイン性

他のタイプのポット型浄水器も性能としてはそこまで大きな違いはありません。

でも、我が家ではドアポケットに飲み物をしまう習慣があり、あまり背が高いポットは冷蔵庫に入らないのです。

また、うちは4人家族で、飲み水としてだけでなく、料理や炊飯などにも使うので、1日に6L以上の水が必要になります。

基本的には、浄水器に水を入れれば、あとはそのまま冷蔵庫にしまいます。

水を入れさえすれば、あとは勝手に水が浄水器を通過してくれるので、次必要な時はポットが満タンになっています。

また、浄水器のカートリッジの交換時期(約2か月)はある程度守っています。

数日遅れることもありますが…笑

ちなみに、僕はいつもAmazon限定の商品を購入しています。(安いから笑)

でも、どちらの商品も「東レ株式会社」が販売しているので、品質に問題はないはずです。

トレビーノを使っていてよかったこと3選

トレビーノの浄水器を使ってよかったと思うことは次の3つです。

手軽に水が飲める

先ほどから解説している通り、普段の水分補給として水はかなり優秀です。

しかし、水道水では健康面に不安を覚える人も多いと思います。

トレビーノに限った話ではありませんが、浄水器が自宅にあるだけで、安全な水をすぐに用意できるようになります。

水がおいしい

これもトレビーノに限った話ではないかもしれませんが、「あ、浄水器を通った水って水道水と全然味が違うんだな( ゚Д゚)」と思えるくらい、水がおいしいです。

塩素の独特な臭さがなく、水が「スゥっ」とのどを通ります。

妹の友達が家に来たときに、「なんか、水おいしくね?」と言われたらしいです笑

大量のペットボトルを買わずに済む

先ほど解説した通り、安全に飲める水をペットボトルで用意する必要がなくなります。

水が2L入ったペットボトルは比較的安価ですが、ペットボトルを捨てるのがめんどくさいですよね。

また、場所を取るし…

だからこそ、一家に一台浄水器があると便利です。

まとめ【一家に一台浄水器を】

今回は次の4点について解説しました。

今回の記事で解説したこと

✅僕がお茶をあまり飲まない理由3選

✅水を飲むことで起こる体の変化3選

✅1日あたりに飲むべき水の量

✅我が家で大活躍の浄水器「トレビーノ」とは

水分補給には水が一番

多くの家庭が水分補給にお茶を用意していると思いますが、僕はお茶はコーヒーと同じく、目的をもって飲む飲み物だと考えています。

水分補給という点では、「水」の方が圧倒的にメリットがあります。

1時間おきにコップ1杯の水を飲むだけで、健康的な身体やきれいな肌を手に入れることができます。

(僕はニキビできますが。)

一家に一台浄水器を用意しよう

日本は蛇口をひねれば安全な水が出てくる国です。

しかし、水道水を1日に何Lも飲むのは健康上良くありません。

浄水器があれば、いつでも安全な飲み水を確保することができます。

そこまで高価なものではありません。

もし、自宅に浄水器がないのであれば、これを機に検討してみてはいかがでしょうか。

 

この記事がおもしろいと思った方は友人やTwitterなどで紹介してもらえると嬉しいです!

ぜひ、気になる点や質問などがありましたら、Twitterなどを通じてご連絡ください!

僕の名前は「つかさ」です。

大学受験、就職活動、アルバイトの面接でさえ、第一希望を獲得したことがない人生を送ってきました。

しかし、僕にはどんな道に進んでも自力で学び、楽しめる才能をもっているって最近気づきました。

モテるために筋トレもします。知識豊かになるために読書もします。

投資もしてます。

そして、人に何か思いを伝えられる人間になりたくて、このブログを立ち上げました!

Twitterだけやってます。

もし悩みがあれば、ぜひご相談ください。

【ブログつかさ屋】

https://twitter.com/sWTtPzb4J3p7Lni

【ブログ村のランキングにも参加しています!】

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA