【虫歯・歯周病予防】リステリンのメリット・デメリットと歯を大切にしたいすべての人へ

こんにちは、つかさです。

hazime

はじめに

みなさんは『歯』をどれだけ大切にしていますか?

2020年に『公益社団法人日本歯科医師会』が15~79歳の男女10000人を対象にアンケートを行ったところ、全体の約8割以上の方がもっと早くから歯の健診や治療をしておけばよかった」と後悔しているというデータが得られました。

(引用:公益社団法人日本歯科医師会)

また、少し古いデータですが、2012年に『gooリサーチとプレジデント編集部』が55~74歳の男女1000人を対象に、「健康面で後悔したことは何ですか?」という項目でアンケートを行ったところ、1位は「歯の定期検診を受ければよかった」なんです。

(引用:「https://president.jp/articles/-/12332」)

つまり、「歯が大切だ」ということに気づくのは人生の後半戦のときで、さらに「歯が悪くなってきた感じがするなぁ」と思った時には、「時すでに遅し」になっているのかもしれません。

 

僕も20歳ごろに、歯のことで失敗をして、それから数か月に一度定期健診を行うようにしています。

しかし、数年前まで歯医者に行くたびに、「ここに小さな虫歯ができてますネ~(・ω・)」と言われていました。

歯は磨いているし、タバコも吸わないので、「なんでこんなに虫歯できるのかなぁ」と思っていました。

 

歯の磨き方を変えたり、いろいろなことを試したりしていましたが、結局よくわからないままでした。

 

そして、最終的にたどり着いたのが「リステリン」です。

1年前からリステリンを使用し、それから3回ほど歯の定期健診を受けに行きましたが、新しい虫歯は発見されなくなりました。

しかし、リステリンを使ってある代償も発生しました。

 

今回は歯の健康を守るリステリンを紹介しつつ、僕の経験をお話しようと思います。

midasi1

リステリンとは

リステリンはアメリカの有名企業「ジョンソン・エンド・ジョンソン」が取り扱っている商品です。

 

まだ人類が産業革命真っ只中のフランスでは、傷口に細菌が入ることでたくさんの死者が出ていたそうです。

今では考えられない時代ですね。

 

最初は当時の科学者たちが「消毒液」として開発したものが、口内環境の改善にもつながることを発見し、リステリンという商品が開発されました。

そのため、長い歴史をもつ商品です。

詳しくは、リステリンホームページに記載されているので、模試興味がある人はこちらをどうぞ。(薬用リステリン誕生の歴史

midasi2

リステリンの種類

「リステリン」といっても、非常の多くの種類があります。

 

薬用リステリン®オリジナル

薬用リステリン®フレッシュミント

薬用リステリン®クールミント

リステリン®ホワイトニング

などなど…(詳細はリステリンホームページへどうぞ)

リステリンと言っても、たくさんの種類がありますが、ホームページを見ると「液体歯磨き」「洗口液」というキーワードを目にします。

初めての方は「なぁにが違うんだぃ( ゚Д゚)?」と思うのではないでしょうか。

僕もめっちゃ思いました。

 

最初に、「液体歯磨き」と「洗口液」のちがいについてお話しようと思います。

midasi3

液体歯磨きと洗口液のちがい

「リステリンって全部液体でしょ( ゚Д゚)?だから、歯磨きした後にリステリン使って口の中をゆすげばいいんだよね(・3・)

 

僕も最初、そう思っていました。

しかし、「液体歯磨き」という表記のあるリステリンと、「洗口液」という表記があるリステリンとでは、使い方も効果も全く違うものでした。

 

たとえば、洗口液の例として、薬用リステリン®クールミント ゼロが挙げられます。

これは後程紹介しますが、僕が愛用しているものの1つです。

洗口液とは、 歯磨きを行ったあとに、歯ブラシでは届かなかった歯のすき間や歯茎付近の細菌などを殺菌し、口内を洗浄するものです。

つまり、洗口液は基本的に歯磨きの後に使うものです。

 

液体歯磨きとして例に挙げられるのはリステリン®トータルケアプラスです。

これも僕が愛用しているものの1つです。

液体歯磨きは、液体そのものを「歯磨き粉」と同じように扱う液体のことです。

つまり、

「さぁ、歯を磨こう(・ω・)」と歯ブラシを手に取り、液体歯磨きを口に含み、液体が口の中にある状態のまま歯を磨くということです。

 

これまで歯磨き粉を使って歯を磨いていた人たちにとっては「え( ゚Д゚)?めっちゃ磨きにくそう」と思いませんか?

はい、その通りです。

慣れるまでにめっちゃ苦労します。

なんか、気が付いたら口元から液体が「だら~(;´Д`)」と出てきます笑

常に顔を上に向けながら磨くため、失敗するとちょっと飲み込んで「げほっ( ゚Д゚)」ってなります。

 

洗口液と液体歯磨きのちがいは何となくわかりましたか?

 

リステリンには非常に多くの種類があり、「どれを使えばいいのかわからん( ゚Д゚)」という方も多いでしょう。

ここからは、実際に僕が愛用しているリステリンについて、使い方や用途をご紹介したいと思います。

midasi4

リステリン使用記録

僕は3種類のリステリンを使っています。

それぞれの用途、使い方や気を付けていることを詳しく解説していきます。

asa

朝の歯磨き

(画像:リステリン®トータルケアプラス

「リステリン®トータルケアプラス」は「液体歯磨き」で、僕は朝食後に使用します。

商品に記載された量を口に含み、30秒ほど口の中をゆすいでから、そのまま液体を含んだまま歯ブラシを使って歯を磨きます。

 

「リステリン®トータルケアプラス」は少し刺激が強く、ちょっと辛いです。(アルコール成分のせいかな…)

慣れるまでに苦労しましたが、今は特に問題なく使っています。

また、刺激が強いものが苦手な人には「リステリン®トータルケアゼロ プラス」という商品があります。

これはアルコール成分などによる刺激が苦手な人に向けた商品なので、最初はどちらも試してみて、自分に合ったものを使えばいいと思います。

 

僕はどちらも使用してみましたが、歯を磨き終わった後の爽快感は「リステリン®トータルケアプラス」の方が良かったので、こちらを使用しています。

hiru

昼の昼食後

(画像:リステリン®クールミント ゼロ

昼食後に、「薬用リステリン®クールミント ゼロ」を使用します。

こちらは液体歯磨きではなく、「洗口液」です。

そのため、本来であれば「薬用リステリン®クールミント ゼロ」は歯磨きをしたあとに使用するのが望ましい商品ですが、僕は昼食後にゆっくり歯を磨いている時間がないので、これを使って口をゆすいで終了です。

 

最近のマスク生活でずっと気になっていた「昼食後のマスク内のにおい」を「薬用リステリン®クールミント ゼロ」を使うことによって解消することができました。

また、「薬用リステリン®クールミント ゼロ」は刺激の少ないタイプの商品で、類似品として「薬用リステリン®クールミント」があります。

こちらは刺激が少し強めのタイプです。

 

最初は刺激の強い「薬用リステリン®クールミント」を使用していましたが、使用後にマスクを着用すると、マスクの中が「スースー」するくらいミントの香りがして、それが嫌で「薬用リステリン®クールミント ゼロ」に変えました。

 

本来の用途とは少しずれた使用方法かもしれませんが、昼食後の口内環境をととのえることはできていると思っています。

yoru

夜の歯磨き

夜は「液体歯磨き」の「リステリン®ホワイトニング」を使用します。

 

名前のとおり、「リステリン®ホワイトニング」は歯の本来の白さを取り戻すことを目的とした商品です。

歯には朝から晩までに食べたものや飲んだものに含まれる着色料や細かい粒子が付着しています。

それらを落としてから1日を終えたいので、僕は就寝前の歯磨きはこちらを使用しています。

注意事項としては、「リステリン®ホワイトニング」を商品に記載された量を口に含み、60秒ほどゆすいでから、口に液体を含んだまま歯を磨くことです。

朝使用する「リステリン®トータルケアプラス」は30秒でしたが、「リステリン®ホワイトニング」は「60秒口に含んでから」と記載されています。

「リステリン®トータルケアプラス」ほどではないですが、「リステリン®ホワイトニング」も少し刺激が強めの商品です。

60秒間口に含むのは慣れるまでちょっと大変です。

さらに、こちらには「刺激少なめのタイプ」の商品がまだありません。

慣れるまで大変かもしれませんが、確実に効果を発揮するために、使用方法は守らないといけませんね。

 

1年以上リステリンを使用する生活をつづけた中で、メリットもあればデメリットもあることに気づきました。

続いて、リステリンのメリット、デメリットを解説したいと思います。

midasi5

リステリンのメリット・デメリット

最初に言っておきたいことは、僕はリステリンにはデメリットがあることも知ったうえで、これからも使い続けます。

歯のことを考えると、デメリットよりメリットの方が勝っています。

また、デメリットはいろいろな方法でカバーできるところもあるので、そちらも一緒に紹介したいと思います。

meritto

リステリンのメリット

虫歯ができなくなった

これは僕が自信をもってリステリンをおすすめする理由の1つです。

僕は数か月に1度歯医者に定期健診に行きますが、リステリンを使用してから

「虫歯ができなくなったネ(・ω・)」と言われるようになりました。

僕は奥歯の小さな溝にちょっとした虫歯ができやすく、

「治療するまでもないんだけど、その辺虫歯できやすいから気を付けてネ(・ω・)」と言われていました。

「毎日朝晩歯を磨いているし、どうすりゃいいんだよ( ゚Д゚)」と思っていました。

 

そして、その後リステリンを使い始めて、歯医者さんに

「リステリンに変えたんですよ(=゚ω゚)ノ」と伝えると、

「歯医者としても、リステリンはかなりおすすめですヨ(・ω・)」と言われました。

「最初からおすすめしてくれ( ゚Д゚)」と思いましたが。笑

 

もちろん、食生活が良くない(毎晩飲酒する、寝る直前に何か食べる)人は話が別かもしれませんが、朝昼晩にご飯を食べて、ちょっと間食をして、寝る1時間前からは何も食べない人にとってリステリンは虫歯予防に期待できるものです。

kounaien

口内炎の治りが早くなった

たまに歯ブラシの軌道をミスって歯茎やほっぺの内側に「ごふっ(=゚3゚)」となるときがありますね。(僕だけかもしれませんが)

その次の日くらいには口内炎になっていることがあります。

 

口内炎はいわゆる「口の中のケガ」ですが、食べ物や飲み物を食べる際に運ばれてくる細菌が口内炎に付着すると、治りが遅くなることがあります。

 

しかし、リステリンによって口内炎が消毒され、常に清潔な状態を保つことができます。

よく昔の人は「傷口に塩」と言いますね。

それは「塩に殺菌効果があり、傷口を清潔に保ちなさい」という意味が込められているからです。

(ただし、傷口に塩は拷問です)

 

そのため、口内炎の治りが早くなります。

しかし、後述しますが、口内炎にリステリンもわりと拷問です。

sishuubyou

歯周病の予防効果が高い

「リステリンは歯周病の予防にもかなり効果があるんだヨ(・ω・)」とかかりつけの歯医者さんが言っていました。

 

歯周病とは細菌などが口の中に残り続けると、歯茎や歯を支える骨に感染し、歯が痛んだり、抜けたりする病気のことです。

口の中にはたくさんの細菌がいますが、歯磨きが不十分だったり、砂糖をたくさん摂取したりすると、最近の数がどんどん増え、歯周病の原因となります。

 

歯ブラシでは歯の奥やすき間ではなかなか届かない部分があるのはみなさんご存じだと思います。

歯の一番奥の側面とか、歯ブラシをどんな角度にすればしっかり磨けるのかわからないですよねー。

 

リステリンは殺菌力の高い液体です。

口に含んで、口の中をゆすげば、歯ブラシで届かない場所の細菌を殺菌することができます。

結果的に、歯周病になることを防ぎ、いつまでも健康的な歯が保たれるということです。

kouka

金額以上の効果が期待できる

リステリンの種類(洗口液なのか、液体は磨きなのか)よって少し価格が違いますが、多くのリステリン商品は1000mL(1L)800円~1000円程度で購入することができます。

あくまで僕が使用する場合ですが、1000mLの「リステリン®トータルケアプラス」を使い切る期間はおよそ2カ月くらいです。(朝の歯磨きのときだけ使用する場合)

朝晩使用する場合は1カ月程度だと思います。

 

1ヵ月1000円で虫歯予防・歯周病予防ができ、尚且つ歯医者さんお墨付きの効果を持っている商品はかなりお得だと思います。

もし、虫歯ができたり、歯周病になったりしたら、その分治療費が発生します。

最悪の場合、抜歯や神経を抜いたりする治療をしなければいけません。

 

しかし、リステリンを使用すれば、それらの事態になる可能性をかなり抑えることができます。

僕はリステリンは金額以上の効果を発揮してくれていると思っています。

demeritto

リステリンのデメリット

歯に付着した着色料がとれない

「液体歯磨き」のリステリンを使用する最大のデメリットはこれです。

「液体歯磨き」には市販の歯磨き粉のような「研磨剤」が含まれていません。

「研磨剤」は歯を磨くときに、歯の表面に付着した小さな汚れや粒子を磨いて落とす効果があります。

(歯に付着した汚れを削り落とすイメージでしょうか)

 

しかし、「液体歯磨き」であるリステリンにはそれが含まれていません。

そのため、歯に付着した細菌は除去できても、着色料までは落とすことができないのです。

つまり、歯が黄色く見えたり、歯のすき間が黒く見えたりするようになります。

 

歯に着色料が付く原因となる食べ物や飲み物はコーヒー、お茶、チョコレート、ワインなどなど、身近にたくさんあります。

僕は1日にコーヒーを3杯ほど飲み、間食としてカカオ85%のチョコレートを食べます。

コーヒーに含まれる着色料や、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールの粒子は非常に細かく、歯に付着します。

また、僕は水分補給としてお茶を飲みます。

お茶にも非常に小さな茶渋やカテキンなどの粒子が含まれていて、それらも歯に付着します。

それらを摂取した後、すぐに水で口をゆすいでもなかなか取れないものもあります。

kaiketusaku

では、歯に付着した着色料を取り除く方法として、僕が取り入れていることは次の3点です。

white

① リステリン®ホワイトニングを使う

先ほど紹介した「リステリン®ホワイトニング」を使用するようになったのは、このためです。

最初は「リステリン®トータルケアプラス」だけ使っていましたが、だんだん歯の間が黒くなっているのに気づき、最初は「めっちゃでかい虫歯か( ゚Д゚)?と思いました。

 

しかし、歯医者さんに尋ねてみると、「これは着色料で、虫歯じゃないヨ(・ω・)」とのことでした。

歯に付着した着色料をしっかり落とすために、「リステリン®ホワイトニング」を日常で取り入れるようになりました。

これを使用すれば、着色料が歯に付着するのを結構防いでくれます。

 

しかし、完ぺきではありません。

3カ月単位で見ると、やっぱり歯のすき間がだんだん黒くなっていきました。

 

「もぅどうしましょ( ゚Д゚)」といろいろ考え、最終的な結論は次の方法でした。

hutuka

② 2日に1回歯磨き粉で歯を磨く

「もう仕方ないから、研磨剤入っている歯磨き粉も使おう( ゚Д゚)」

研磨剤が入った歯磨き粉と「リステリン®ホワイトニング」の併用です。

 

あくまで僕なりの方法ですが、就寝前の歯磨きで「リステリン®ホワイトニング」と「研磨剤入り歯磨き粉」を交互に使用することにしました。

 

これでかなり歯が黒くなるのを抑えることができました。

もちろん、「歯磨き粉」を使用した日は、磨き終わった後に「薬用リステリン®クールミント ゼロ」を使っています。

kensin

③ 歯医者の定期健診で落としてもらう

最終手段です。

数カ月に一度行く歯医者の定期健診で歯に付着した着色料をしっかり落としてもらっています。

次のやり取りを毎回歯医者さんと行います。

「歯に着色料が付着しない方法はありますか( ゚Д゚)?」

 

「コーヒーの飲む量を減らしたり~…」

 

「あ、無理です( ゚Д゚)」笑

そのため、1年に数回最終手段を使っています。

itai

口内炎があると死ぬほど痛い

すごく痛いです。

先ほど、リステリンで口内環境をととのえれば、口内炎の治りが早くなるとお伝えしました。

確かにその通りです。

しかし、口内炎ができて1日目とか、一番痛いときってありますよね。

 

そのときに、しみます。

この世の終わりです。

ekitai

「液体を含んだまま歯を磨く」を習得できない人がいた

僕の知り合いにリステリンをおすすめして、「今度から使ってみるよ~」って言ったはいいものの、

「ねぇ、液体口に入れたままどうやって上手く磨くの( ゚Д゚)?」と聞かれました笑

その方は半年以上リステリンを使用しているみたいですが、いまだに磨いているときに口から液体が漏れてくるらしいです笑

 

「練習あるのみ」なのかもしれませんが、人によっては「液体を口に含みながら、ちょっと顔を上に向けて、歯を磨く」ということが「高等技術」に思えるのかもしれません。

 

 

デメリットのことを考えても、やはりリステリンは虫歯予防や歯周病の予防に効果的な商品だと言えます。

その効果を最大限高めるために、僕は「フロス」を使用しています。

hurosu

リステリン+フロスは最強

「液体歯磨き」や「洗口液」でも、もしかしたら届いていない場所があるかもしれません。

それは「歯と歯のちょうど間」です。

 

歯と歯の間の下の方はちょっとしたすき間があります。

(前歯を見ると、よくわかると思います)

そこは液体が通れるので、問題はありません。

しかし、ちょうど歯と歯のすき間は「密着」していますよね。

 

いくら液体でも、完全にくっついているもの同士のすき間にはなかなか入り込めないと思います。

 

そこで登場するのが「デンタルフロス」(以下:フロス)です。

いわゆる「歯間ブラシ」というもので、さまざまな形状のものがあります。

 

僕は週に3~4回ほど、液体歯磨きを口に含んだままフロスを使用しています。

「液体歯磨き」を口に含んだままフロスを使用することで、歯と歯の間もリステリンの効果を確実に発揮させることができます。

 

また、時間があるときは「リステリン®ホワイトニング」とフロスを併用し、歯のすき間の着色料を時間をかけながら少しずつ落としています。

 

リステリンとフロスを併用することで、歯の健康を確実に保つことができると信じています。

matome

まとめ

以上のことをまとめます。

 

リステリンを使うメリット4選

①口内環境をととのえるとともに、虫歯ができなくなる

 

②殺菌効果により、口内炎の治りが早くなる

 

③虫歯だけでなく、歯周病の予防にも効果がある

 

④金額以上の効果を発揮してくれる

 

また、デメリットも挙げましたが、それらは上手にカバーしていきましょう。

「デメリットがあるからリステリンを使わないわ(=゚ω゚)ノ」とは言えないほど、リステリンにはメリットが多すぎです。

last

さいごに

歯医者さん曰く、「1本の歯には100万円の価値がある」だそうです。

つまり、口の中には約2000万円以上の価値があるということですね。

 

今後、人の寿命は伸び続け、平均寿命が100歳になるのも遠くないです。

しかし、歯がなくなったり、かたいものが食べられなくなったりすると、いくら長生きしていても、不自由な食生活を送ることになってしまいます。

 

僕は20歳の頃に、不摂生な食生活から2つ大きな虫歯ができました

それらを治療し、初めて「失った歯は取り戻せないんだなぁ」と実感しました。

そのため、今ある歯は絶対に守りたいという意思があります。

 

そして、今回の記事で書いたように、歯に関しては徹底的に管理することにしています。

もちろん、失ってから気づくのは遅かったかもしれませんが、そこからでもカバーできるようになるのも大切かなと思っています。

みなさんの歯は大丈夫ですか?

 

ぜひ、気になる点や質問などがありましたら、Twitterなどを通じてご連絡ください!

僕の名前は「つかさ」です。

大学受験、就職活動、アルバイトの面接でさえ、第一希望を獲得したことがない人生を送ってきました。

しかし、僕にはどんな道に進んでも自力で学び、楽しめる才能をもっているって最近気づきました。

モテるために筋トレもします。知識豊かになるために読書もします。

投資もしてます。

そして、人に何か思いを伝えられる人間になりたくて、このブログを立ち上げました!

Twitterだけやってます。

もし悩みがあれば、ぜひご相談ください。

【ブログつかさ屋】

https://twitter.com/sWTtPzb4J3p7Lni

【ブログ村のランキングにも参加しています!】

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA